«前の日(05-01) 最新 次の日(05-03)» 追記

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(平成31年3月16日改正・18日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2005-05-02(Mon) この日を編集

_ [Mac&PC] Tiger導入覚え書き

AppleStoreで予約したMacOS X 10.4 (Tiger)は予定通り、4/28の昼ごろ到着した。子供の相手をしながら少しずつ導入を開始したが、今回もアップデートではうまくいかず、新規インストールとなってしまった。

_ Symantec製品:非対応

Symantec製品は全滅。起動時にエラーダイアログが多数表示される。 アンインストールしようとしたが、アンインストーラが「UNKNOWN_ERROR」を多数表示してまったく効果なし。Symantec製品関係のファイルをStartupItemsやPreferencePanesなどから全部削除して起動を抑止することはできるようになったが、再起動・シャットダウン時に異常終了する(電源マークつきのOSの異常終了画面が出る)。

結局、Tigerの新規インストールやりなおしを決断した。

OSの深いところまで関係するであろうソフトなので、これを入れたまま10.4にアップデートしたのは軽率だった。

とりあえず、Symantec製品は当分インストールしない(できない)。代替品を探すか、対応を待つかは検討事項。

_ ITTEC:起動しない。Ver.3待ち

マウスボタンを長押ししてもコンテクストメニューが出ない。開発元はTiger対応を表明している(Ver.3)ので、不便だがしばらく待つことにする。

_ SideTrack:1.1.2aで対応済み

OS10.3.9のときに更新済みだったため問題なし。

_ でんしゃにちゅうい1.0b6-2:動作確認

自作の「でんしゃにちゅうい1.0b6-2」は問題なく動作することを確認した。DashBoard版も作りたいところだが時間が取れるだろうか・・・

_ CarbonCopyCloner:バックアップ失敗

こんなこともあろうかと10.3.9の環境をCarbonCopyClonerでバックアップしてあったのだが、DiskUtilityで復元をかけたところ起動できなかった。アップルマークが表示され、RotatingArrowsが回りっぱなしになる。

CCC2.2でバックアップを採ろうとしたときに何度かエラーになって設定をやり直したのだが、その際ASRオプションがオフになったままバックアップをとってしまったのが原因らしい。結局、アプリケーション類は再インストール、その後バックアップしてあったユーザディレクトリ配下をコピー、再調整という手順を採らざるを得なくなった。

CCCも何度かお世話になっているが、2.3が日本語環境でうまく動作しなくなってから目だった動きがないのが残念。

_ Tigerアップデートの今後:0.1でもメジャーアップデートだった。

思えば10.2→10.3のときもアップデートはうまくいかなかった。

数字上は0.1の増加だが、やはりこれは「メジャーアップデート」なのだと思った。そう考えると、ディスク上に結構ある古いアプリケーションが動かないことも十分考えられる。今回新規インストールを機に、しばらく使っていない古いアプリケーションはインストールせずに様子を見ることにした。必要になったらそのときアップデートしてインストールすればいい。1月ごろ一度Tiger以降の予行演習として10.3を新規インストールしたので、Tiger新規インストールを決断したときは「またあの繰り返しか」と思わないでもなかったが、すでにかなり古い機種の部類に入るiBook DualUSB500のこと、あまりアプリケーションをいれず最小限で使うのも結構いいかもしれない、と思い直している。


2006-05-02(Tue) この日を編集

_ [misc] 東洋紡の一コマ漫画広告

東洋紡[toyobo.co.jp]と言う会社が日経に出していた「一コマ漫画広告」が気になっていた。
広告と言っても7センチ角位の小さなものなのだが、そこに一コマ。その一コマが商品説明なり会社説明なりをしているのなら別に珍しくもないのだが、東洋紡の広告はちょっと違う。その一コマだけ見ても完結していないのだ。あたかも何か別のストーリーのある漫画から一コマとってきたようなかんじなのだが、そうではない。しかも絵とふきだしの内容も密接に関わっているわけではない。先ほど言った「一コマとって来た」絵に東洋紡が勝手に自社商品の特徴を言わせた感じだ。でてくるキャラクターも「普通の人」ばかりで、有名キャラクターの力を借りた広告でもない。しかも内容の割には無駄に力の入ったキャラクターや絵が多い。お前たちは東洋紡の各種素材で何をそんなに驚いたり熱く語っているのだ?と思うとおかしくなる。何種類かあるのだが、それぞれに話のつながりや関連性もない。共通するのは東洋紡の広告と言うことだけだ。
人間と言うのは恐ろしいもので、意味のないものでも頭が勝手に意味を見出そうとするらしい。最初見たときは何か前後のストーリーがあるのではないかと思ってしまったのだがそうではなかった。非常に気持ち悪いのだが、小さな広告なのに強く印象に残ったのもそのおかげと言える。

このシリーズが始まったのが昨年だったか一昨年だったかは忘れてしまったが、同じものを何回か掲載しつつもしばらく続いた。最近はあんまり見ないな、と思っていたら4/27の日経にこれまでの分を集めた一面広告が出た。古紙回収日を前に古新聞を整理していて思い出したのでこうしてここに書き込んだ次第。

東洋紡のサイトを見たところこれらの広告がflashで見られるようだ。(「企業情報」→「一コマ広告(新聞広告)」)
私は「受託専業」「クールビズ」あたりが強く印象に残っているのだが、PCの画面で見るとあまり面白くなかった。日経の記事の中に突然現れて妙に存在を主張しているところがよかったのかもしれない。

なお、文中何度も東洋紡東洋紡と連呼してしまったが、別に東洋紡の製品・素材を推奨しているわけではない。だいたい、身近な素材が東洋紡かどうかなんて気にしたことすらない。しかも東洋紡の売り上げに直接貢献するような業種や業務についているわけでもない。私は本来の広告ターゲットではないのだ。本来注目してもらいたかったターゲットの人たちはこの広告をどう受け止めているのだろう。効果はあったのだろうか。

が、私が今後どこかで「TOYOBO」と書かれたなにかを見たとき、一コマ広告を思い出してニヤリとするかもしれない。「そういう会社」と思われるのは広報担当者としてはうれしいのかどうか・・・

2008-05-02(Fri) この日を編集

_ [Rail] いつもと違う東海道線

いつもと違う東海道線 湘南ライナー12号は定刻だと9:03に終点・品川駅に到着する。ここから東京方面へは(結構ぎりぎりではあるが)、9:06発の東海道線778M東京行きに乗り継ぐことができる。
いつもは品川駅5番線に入ってくる778Mなのだが、なぜか今日は同じホームの反対側、6番線に入ってきた。この時間帯は東海道線上り列車はほぼ交互に5番6番を使っているので、6番に入ってきた電車に乗ること自体は珍しくもなんともない。だが、「いつもなら5番に入る778Mに6番から乗る」と思った瞬間から妙な気分。しかし列車自体は定刻で実用上何の支障もないので、普通の人は気にも留めなかったことだろう。