«前の日(01-16) 最新 次の日(01-18)» 追記

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(平成31年3月16日改正・18日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2005-01-17(Mon) この日を編集

_ [Rail] 茅ヶ崎の成田エクスプレス

昨年の12月18日から今年1月16日まで、成田エクスプレス10号と27号が小田原始発・終着に延長されて東海道線を走った。 N′EX at Chigasaki 27号は小田原から途中平塚・茅ヶ崎・藤沢に停車して大船まで臨時の9077Mとして走り、その後通常の2077Mとして成田空港へ向かう。普段特急が止まらない茅ヶ崎に、これまた普段は走らない253系が客扱い停車するということで、最終日の16日、もの好きにも冷たい雨の降る中わざわざ出向いて撮った写真がこれ。
 小田原・箱根方面への外国人観光客誘致を狙った試験的なものとのことだが、ホームにはしっかり停止位置のペイントもされているので、この先観光シーズンにはまた延長運転されそうだ。もちろん、茅ヶ崎にも停車するはず。 Paint  せっかく成田エクスプレスが身近になったものの、しばらく海外に行く予定がないのが残念だ。

_ [Model] Bトレイン:成田エクスプレス253系

まさに絶好のタイミングで253系を含む「Bトレインショーティ パート10」が発売された。かなり出来がいいとの情報もありなんとか入手したいところだが、ブラインド販売ではそう簡単には行きそうにない。登場当初のクモハ+モハ+クロの3両編成で十分なので1カートン 1箱(24個入り)買えばまず間違いなく目的は達成できるが、金額も馬鹿にならないし今回カートンに入っているその他の形式は全く興味のないものばかり。余ってしまってはもったいない。

小学生の時、「仮面ライダースナック」をカード欲しさに買いあさって中身を捨てた子供がいたとかでかなり問題になった。「買ったら食べる」「食べないものは買わない」と学校でいわれた記憶がよみがえる。


2007-01-17(Wed) この日を編集

_ [Home] 長男、「仕事の段取り」を考える

ベッドに入ったばかりの長男が起きてきた。聞くと、寝室のティッシュペーパーがなくなったので一箱とって来てほしいとママに言われたのだという。長男はもう安心してお手伝いをお願いできるので、このようにママが次男の授乳で手が離せない時にいろいろお願いされることが増えた。
それじゃあパパととりに行こうかと言うと、急に「ちょっと待ってて!」。そして、空になったティッシュカバーを持って戻ってきた。
「明るいところで中身を取り替えないとね」
おおっ、ちゃんと考えて行動してるぞ!
ティッシュの箱を取り替えながら改めて聞いてみると、
  • ママからお願いされたこと:ティッシュを一箱持ってきて。
  • 寝室のティッシュはカバーに入っている。
  • 次男授乳中なので寝室は暗い→明るいところで入れ替えなくては。
ということに自分で気がついたので戻ってカバーを持ってきたのだとか。言われた「ティッシュを一箱持ってきて」にとどまらなかったわけだ。

仕事で「言われたこと」だけしかやらなかったり、周りの状況を考えずに指示されたことだけ済まして全部片付いたように錯覚する大人もいる(かくいう自分だって人のことばかりは言えない)というのに、やるじゃないか!!
もうすぐ5歳。長男の知恵も進んだが、パパの親ばかもますます進行するばかり。

2009-01-17(Sat) この日を編集

_ [Model][Rail] TOMYTEC サボコレクション

090117 TOMYTEC サボコレクション 我々の世代にとっては馴染み深い「サボ」。TOMYTECの「サボコレクション」が発売されたので、北海道関係のものを入手してみた。かなり昔、国鉄の部品即売会でサボコレ007「函館〜長万部」と同じタイプの「富良野/札幌」の実物*1を入手して部屋に飾っていたので実に懐かしい。すでに第2弾が企画され、「小樽行き」やら「万字炭山」やらこれまた思い出のある行き先が含まれているので困ってしまう(苦笑)
 一緒に映っている「新宿〜甲府」はもちろん北海道ではないが、模型店でためしにブラインドで一個だけ引いてみたもの。普段は開封売りもある店なのだが、開封したところでそれぞれにどんな値段をつければいいのかまだ見当がつかず見合わせているとのことだった。オークションなどで価格の推移を見るとシークレット以外はどのサボもそれほど大きな差はないようだし、多くは落札額が一般的な希望小売価格を下回っている。たしかに店頭での開封売りには向かないかもしれない。
 TOMYTECのコレクションシリーズの中でこれはどのくらい売れるのだろう。LED表示全盛で、もうサボどころか「方向幕」すら知らない世代が出てきそうなだけに、ターゲットは限られるのではないかなぁ、とも思う。しかし、首都圏の大手私鉄はともかく、小規模な地方鉄道ならばまだ現役のところもあるだろうし、そういった鉄道会社が「事業者特注」を出したら一気に火がつく可能性もあるかもしれない。いや、大手私鉄だって、かつてサボを使っていた時代のものを出してくるかもしれない。そういえば江ノ電だって、すでに305Fでしか使っていないが数種類の前サボが現役だ。でないかなぁ、いや、出たらまずいなぁ、などと、この三枚を前にすでに妄想たくましくしていたりする。

*1 正確にはサボコレ007と違って区間ではなく行き先だけの表示で、富良野と札幌が表と裏になっていた。