«前の日(11-21) 最新 次の日(11-23)» 追記

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(平成31年3月16日改正・18日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2004-11-22(Mon) この日を編集

_ [misc] 「超こだわりの人」

ある週刊誌の電車中吊り広告にあった言葉。婚約内定で有名になったある男性の事を指している。

さすがはマスコミ、無難な言葉に置き換えるのがお上手。

_ 昔から、新郎新婦に悪人はいないことになっているらしい。

結婚式での人物紹介ではどんな人も学校を「優秀な成績で卒業」し職場では「将来を嘱望」されてしまう。

私の場合も一応皆さん気を使ってくれたようで、ある知人は「こだわりがあり非常にマニアックな人」と私のことを紹介していた。言った本人はさすがに晴れの場で「彼はMacも鉄道もおたく級です」とはいえなかったようだ。

某週刊誌も、もし今回の御婚約内定の話題ではなくたとえば「都庁職員の趣味と結婚観」の特集だったらどう表現していただろうか。

_ もっとも、本当の「こだわりの人」は外野がどう呼ぼうが気にしないものなので、これは余計なお世話かもしれない。


2005-11-22(Tue) この日を編集

_ [Rail][Liner] 東海道線信号故障:乗れるかライナー27号

ホームライナー小田原27号に合わせて残業を切り上げる。しかし目黒駅に着くと山手線が止まっていた。東海道線新橋〜品川間の信号故障の影響だという。さて、どうする。

_ まず山手線が動かないことには渋谷にも品川にも移動できない。振替乗車も始まったが東海道線が品川より手前で止まっている以上南北線に乗っても無駄だ。目黒線と東横線でまず横浜まで行くか。目黒線はともかく東横線は混んでいそうでいやだなぁ・・・等と考えているうちに、何のアナウンスもなく山手線が動き始めた。すでに21時25分。ライナーは無理だろう。滅多にないことだし新宿から小田急に乗ってみるかと取りあえず外回り乗ってみた。

_ 渋谷には33分頃着いた。ライナーの止まる湘南新宿ライン・埼京線ホームは「南渋谷駅」という別の駅ではないかと疑いたくなるほど離れている。乗り換えには5分みても余裕とは言えないところなのだが、なぜか間に合いそうな気がして下車してしまった。降りた以上走るしかない!

乗り換え連絡通路には動く歩道があるが、ゆっくり歩いている人をかきわける時間もおしいので乗らずに全区間を走る。ホームには既にライナーが止まっているのが見える。やはり間に合わないか?

_ ホームに下りるとまだライナー券売機が動いている。間に合った!

ホームにあるライナー券売機は発車一分前に販売を終了するとされているが、購入と同時に発車メロディが鳴り始めた。ぎりぎりだったらしい。渋谷で山手線からライナー券売機まで3分は自己新記録。間に合ったのはうれしいがもうこの記録に挑戦どころかタイ記録も出したいとは思わない。息を切らせて乗車の列の最後尾につき、東海道線の影響を受けず「予定通り」ホームライナー小田原27号で帰宅。

_ 本当は「残業続きで疲れたから、ライナーで寝て帰ろう」と思っていたのだが、渋谷で全力疾走するわ、乗車したらしたでこのネタを携帯で書いているうちに茅ヶ崎に着いてしまい一睡も出来ないわで、ライナーには間に合ったとはいえ何か釈然としない気分だ。

_ [Rail][Liner] 本日のおはようライナー逗子

本日のおはようライナー逗子 20051122
今日は鶴見駅付近でちょうどいい具合にライナー12号と逗子ライナーが並走したのでいつも通り携帯で一枚撮ってみた。国鉄特急全盛期はなんだ183系か、位にしか思っていなかったのだがこうやって冬の日を浴びて走る姿を見るとみるとなかなかどうして美しい。

2009-11-22(Sun) この日を編集

_ [Home] クリスマスはまだ先

ちょっと早いが、クリスマスツリーを出した。昨年はまだ赤ちゃんぽかった次男も今年は積極参加し、結局長男と次男だけでほとんどの飾り付けが完了した。
 その翌朝。
 次男は起きるなり枕元を覗き込み、急に寂しそうに
「『ぷぜれんと』*1がないよ。サンタさん、こなかったのかな。」

ツリーを飾っただけで、クリスマスはまだ先だよ、と聞いて元気を取り戻した次男であった。ちゃんといい子にしていないとサンタさん来ないよ、といわれて、いつもより少しお行儀もいいようだ。

*1 もちろん「プレゼント」のこと。来年のクリスマスにはたぶん普通にプレゼント、といって言うだろうから、あえて無理に直さず。