«前の日記(2005-04-08(Fri)) 最新 次の日記(2005-04-23(Sat))» 編集

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(平成31年3月16日改正・18日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2005-04-16(Sat) 小田原遠足 [長年日記]

_ 長男の保育園の遠足で小田原に行ってきた。

次男出産の直後でもあり欠席の予定だったのだが、妻も次男も落ち着いているので「せっかくだからパパといってらっしゃい」ということになった。

が、そこは鉄道好き親子。以下には[Rail]トピックが連なる。

_ [踏切][Rail][misc] 小田原城址公園の「きしゃにちゅうい」

豆きしゃにちゅうい Toru Ishida's homePage - TIP! 開始以来のコンテンツに「きしゃにちゅうい」がある。 蒸気機関車の描かれた「踏切あり」の道路標識を集めて公開しているのだが、小田原城址公園こども遊園地を走る豆汽車の踏切にもこのタイプの標識を発見。昨年まではなかったので、貴重な「新設」である。よいこのみんな、この踏切には間違いなく「汽車」が来るんだよ。(電動だけどね)
 それにしても、ここの豆汽車はどうして「D52」を名乗っているんだろう。D51のほうが一般的だと思うのだが。
(5/31追記:D52は戦時中に東海道/山陽本線の輸送力増強を目的に作られた機関車で、この豆汽車のモデルD52 72は御殿場線電化時のSLさよなら運転をつとめるなど最後まで国府津機関区に残った、この地域にゆかりのある機関車ということでした。なお、同機の実車は御殿場の湯沢平公園に静態保存されている。)

_ [Rail][Home] ついに小田急VSEに乗車!

小田急ロマンスカーVSE  小田原からの帰りは、時刻をうまく合わせて親子で小田急VSEの実車を見ようと思っていた。駅には少し早く着いたので駅員氏に聞いてみると、とても取れないと思っていたVSE使用列車、スーパーはこね28号の席が空いているという。ただし小田原〜新宿。茅ヶ崎に帰るには相当な大回りだが、その場で乗車を決めた。
 長男は3歳だが、ここはきちんと一座席を確保。券売機で買った切符は5号車だったが、案内をしていた駅員氏が「先頭車両が空いていないか窓口で聞いてみましょう」と気を利かせてくれて、なんと新宿方先頭車10号車に親子並んで乗ることができた。
 初めて乗ったVSEだが、その乗り心地のよかったこと! 毎日湘南ライナー・ホームライナーでJRの特急車両(185系、251系、E351系、E257系)に乗っているが、VSEの乗り心地は間違いなくそれらに勝っていた。月並みな表現だが、本当にすべるような走りだ。連接構造や車体傾斜システムなどの車両側の工夫によるものなのか、小田急の線路状態によるものなのかは分からない。
 車内ではアイスクリームを食べたり(ほとんど全部子供に食われた)、シートサービスでVSE弁当を頼んだりとまぁ小田急の策略にはまりっぱなし。それでも飽き足らず売店のある車両まで親子で「探検」に出て、買うつもりもなかったのにVSEチョロQを買ってしまう。
 そんな興奮冷めやらぬうちに新宿着。本当に「もっと乗っていたい」と思った。 展望席の乗客も同じ思いらしくなかなか降りない。が、これで困っている人が一人いた。二階運転席の運転士さんである。運転室から降りるステップを出すと展望席からの通路をさえぎってしまうことになるので、インターホンで「運転室のドアを開けるとお降りになれません」と繰り返しアナウンスしていた。次の列車の準備もあるだろうし、これは思わぬ「欠点」かもしれない。
 新宿駅ホームでは降りたお客さんと列車待ちのお客さん入り混じっての大撮影会。他の電車を待っていた人もおっ、という感じで見に来てしまうのだから、VSEはまさしく小田急のスターだ。ホームにはVSE関連の展示ボードが貼り出され雰囲気を一層盛り上げているが、このボードがオレンジのため写真に写ったVSEが反射で少しオレンジに染まってしまうのはまぁ仕方がないか。

 今回のVSE乗車では小田急の社員の対応のよさがとても目立った。先頭車を手配してくれた小田原の案内係の人、「ぼく、かわいいからこれあげるね」と、残りわずかになったVSEステッカーを息子にこっそりくれた車内販売のお姉さん、何も言わないのに察して「記念にお持ち帰りになりますか」と切符に無効印を押してくれた新宿駅の改札係の人、ありがとう。

 私はこれですっかりVSEファン、いや小田急ファンになりました。