«前の日(09-26) 最新 次の日(09-28)» 追記

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(平成31年3月16日改正・18日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2007-09-27(Thu) この日を編集

_ [misc][Telecom] 日経 春秋(9/27):それは本当に実機だったのか?

9/27の日経朝刊「春秋」に、使用済みの携帯を寿命の尽きたセミの死骸に見立てた記述があった。
NIKKEI NET(日経ネット):社説・春秋−日本経済新聞の社説、1面コラムの春秋[www.nikkei.co.jp]

▼そっくりの光景を、日本の安売り電器店で目にする。使用済みの携帯電話である。小さな体に高度な機能が詰まっているのは蝉と同じ。「お子様の玩具にどうぞ」などと書かれ、無造作に山積みになった携帯もまた、命の火が消えた哀れな「物体」であろう。日本が世界に誇る技術の結晶は、寿命が蝉ほどに短い。

執筆者(春秋子)が見たのは、本当に「使用済みの携帯電話」だったのだろうか?

最近は携帯電話各社とも、環境保護・希少金属回収などを目的として使用済み携帯電話の回収を進めている。
携帯電話の回収・リサイクル | 企業情報 | NTTドコモ[www.nttdocomo.co.jp]
報道発表資料 : am/pmの店舗内に使用済み携帯電話のリサイクル回収BOXを設置 | お知らせ | NTTドコモ[www.nttdocomo.co.jp]
【特別企画】使い古しのケータイ、引き出しに眠らせていませんか?――各社の携帯電話リサイクルを探る[k-tai.ascii24.com]

回収した携帯をキャリアに戻さず販売していたとすればその販売店にはかなり問題がある。そもそも、ユーザー情報保護のため、回収した使用済み携帯は必ず専用工具で破壊することになっているはずだ。回収実機をそのまま販売などもってのほかなのである。
おそらく、春秋子が見たのは「使用済み携帯電話」実機ではなく、展示用の「モックアップ」だったのではなかろうか。古いモックを100円くらいで売っていたり、「ご自由にお持ちください」とそれこそ山積みにしているのは私も見たことがある。最近は通話・通信機能以外はほぼ実機と同じ動作をする「ホットモック」*1もあるが、いずれにしても春秋子の言う「命の火」が宿ったことのないただの模型である。

高度な技術の結晶が短期間で使い捨てられてしまうことへの警鐘としてはうなづける内容ではあるが、ちょっと話の振り方を間違えたかな、という感じがする文であった。

*1 ホットモックの中身はほとんど実機と同じともいわれるので、その点では「技術の結晶」の寿命が短い、という指摘も全くの間違いではないし見間違えるのも仕方がないが、少なくとも「使用済み携帯電話」ではない。


2009-09-27(Sun) この日を編集

_ [misc][江ノ電][Rail][Home] 小田急百貨店オリジナル「江ノ電」「ロマンスカー」&スヌーピーTシャツ第6弾

090927 [misc][江ノ電][Rail][Home] 小田急百貨店オリジナル「江ノ電」「ロマンスカー」&スヌーピーTシャツ第6弾  恒例の「小田急百貨店オリジナル ファミリア江ノ電・小田急&スヌーピーTシャツ」もついに第6弾。秋の長袖バージョン。今回も本人達の希望により、長男がロマンスカー柄、次男が江ノ電柄。
 江ノ電バージョンは江ノ島駅での交換風景がモチーフ。描かれている車両は第1弾から続いた江ノ電の顔・305Fからレトロ電車10Fと最新の500形*1にチェンジ。10形が大好きな次男は大喜びである。Tシャツの絵柄、しかもスヌーピーとのコラボだというのにどちらの車両も実車の印象を良くとらえたイラストになっている。江ノ電バージョンは第5弾あたりから車両・風景ともに描写が細かくなったような気がする。Tシャツでは字がつぶれてしまっているが、購入時にもらった紙袋の同じ絵柄を見ると駅ホームの行き先表示にはちゃんと「藤沢方面」「長谷・鎌倉方面」などの文字が入っていたのには恐れ入った。Tシャツ全体のデザインとしても、今回も大変気に入った。

 ロマンスカーバージョンは50000形VSE・60000形MSEに加え10000形HiSEと20000形RSEの計4本が並ぶ豪華な絵柄。背景は山を挟んで芦ノ湖と高層ビル。芦ノ湖には海賊船も浮かんでいる。小田急藤沢店ではロマンスカーバージョンは結構後まで残っていたりするのだが、長男としてはこれは10月の小田急ファミリー鉄道展*2に行く際の「正装」なので買うのはこの時期でなくては間に合わない。実際、会場に行くとこのシリーズを着ている子供を結構見かける。やはり最新版を着せてやりたいのは親心なのか単なる「鉄」の負けん気なのか。
090927 [misc][江ノ電][Rail][Home] 小田急百貨店オリジナル「江ノ電」「ロマンスカー」&スヌーピーTシャツ第6弾  昨年の長袖は袖部分がグレーで、これは我が家では結構好評だった。今年は再び袖も白に戻っしまったが、襟・裾・袖のステッチがカラーの糸になった。(江ノ電は緑、ロマンスカーは青) また、これまで後ろから見るとただの白いシャツだったが、今回は首のところにワンポイントのスヌーピーが入った。絵柄だけでなく、毎年少しずつ全体のデザインにも工夫されているのだ。


参考:これまでの小田急百貨店オリジナル「江ノ電」「ロマンスカー」&スヌーピーTシャツ
2009-05-04(Mon) 小田急百貨店オリジナル「江ノ電」&スヌーピーTシャツ第5弾

2008-09-22(Mon) 小田急百貨店オリジナル「江ノ電」&スヌーピーTシャツ第4弾

2008-05-11(Sun) 小田急百貨店オリジナル「江ノ電」&スヌーピーTシャツ第3弾

2007-09-12(Wed) 小田急百貨店オリジナル「江ノ電」&スヌーピーTシャツ第2弾

2007-05-09(Wed) 「VSE」「江ノ電」&スヌーピーの小田急百貨店オリジナルTシャツ

*1 さすがに車番まではわかりません(苦笑)

*2 今年は30000形EXEの解結実演があるそうだが、残念なことにEXEはこのTシャツには出てこないのだった。