«前の日記(2007-11-08(Thu)) 最新 次の日記(2007-12-07(Fri))» 編集

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|11|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(平成31年3月16日改正・18日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2007-11-14(Wed) [長年日記]

_ [江ノ電][Rail] 江ノ電:500形風塗装になった1502F(前明治製菓号)

071114 江ノ電1502F 500形風塗装 2004年から明治製菓全面ラッピング広告車(明治製菓号)として活躍してきた1502Fの現在の姿。例によって500形風塗装となっている。9月の末に2003Fが新たに水色の明治製菓号となり数日は「明治製菓号2両の交換」が見られたそうだ。
071114 江ノ電1502F 500形風塗装  これより先に「麦わら号」から500形風塗装に変更された1201Fは乗務員ドア横の丸い江ノ電マークがない。*1が、この1502Fにはちゃんと付いている。今後丸マークは付けない方針、と言うわけでもないらしい。 また、1502Fのナンバーは車体窓周りと同じクリーム色で書かれている。1001F〜1201Fは切り抜き文字で銀色。「500形風塗装」と一口に言っても細かいところでは結構バラエティがあるものだ。しかしこの「発見」に気を取られてしまい、屋根上をチェックするのを忘れてしまったのが悔やまれる。1001Fなど他の編成でも行われているベンチレータの撤去は果たして1502Fにも及んだのだろうか。

※2008/01/06追記:1502Fのベンチレータは残置されていることを確認。

*1 この日は1201Fも見かけたので確認したが、やはりマークは付いていなかった。

_ [江ノ電][Rail] 江ノ電:2003F「明治製菓号2007」

071114 江ノ電2003F 明治製菓号2007 9月末頃に登場した2003F「明治製菓号2007」。乗っていた前述の1502Fと鵠沼で交換したのだが、新旧の明治製菓号ということでなかなか感慨深いものがあった。それにしても「S・K・I・P号II」1501Fといい「麦わら号」1201Fといい、2007年登場のラッピング車両は水色ばかり。そこに加えてこの2003Fまでも水色。空と海の色だから、というのは分かるが、あまりに芸がないのではないか。前も言ったとおり水色はちょっと野暮ったいので私はあまり好きではないのだ。

_ [江ノ電][Rail] 江ノ電:この日見た編成(2007/11/14 15:00頃〜15:30頃)

この日確認した編成は下記の通り。
--------------------------------------
2007/11/14 15:00頃〜15:30頃
藤沢←→鎌倉

10F
 
1502F
(500形風塗装)

2003F
(水色:明治製菓号2007)
1201F
(500形風塗装・江ノ電丸マークなし)

305F(単行)
 



071114 江ノ電305F単行 あまり平日昼間に江ノ電に乗る機会はないのだが、この日は305Fが単行でやってきた。今や最後の300形なのでこうやって偶然乗れるのはなかなか貴重。しかも単行。江ノ電も重連で4車体となると結構迫力があるものだが、単行の305Fはなんだかかわいらしい感じ。高校生で一杯の車内によいしょ、と乗り込むときにちらっと見えた木の床がまたうれしい。