«前の日記(2006-08-25(Fri)) 最新 次の日記(2006-08-29(Tue))» 編集

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(平成31年3月16日改正・18日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2006-08-28(Mon) [長年日記]

_ [Rail] 碓氷峠復活!?

碓氷峠に汽笛、再び 長野新幹線の開業で廃線「横軽」 [www.sankei.co.jp]

新幹線開業で廃線になった横川〜軽井沢間に再び列車を走らせる計画があるらしい。最近ではコミック「D-RIVE(ドライブ)」で、同区間をJR北海道の軌陸両用車DMVで走破する話(「まぼろし峠」)が話題になったが、こちらは想像の世界ではなく「碓氷峠鉄道文化むら」を運営する「碓氷峠交流記念財団」が本当に検討しているそうだ。

碓氷峠、横川〜軽井沢といえば、古くはラックレールにピニオンを噛ませて登るアプト式、下っては特急電車に横軽専用の補機を連結し粘着・協調運転で峠を越えた、鉄道ファンならずとも有名な、そして鉄道ファンなら「聖地」のひとつと言ってもよいところ。車窓風景も美しいところなので、実現した際にはぜひ親子で行ってみたい。期待大である。

しかし、
財団の桜井正一理事長は廃線当時のJR東日本・長野新幹線開業準備室長。「横軽は私が切ったも同然なので、罪滅ぼしをしたい」と話す。採算面は不透明だが、赤字運行となっても「毎年黒字を計上している財団の収益で補える」という。

意気込みはわかるが、そんなんじゃだめだ!
長続きしそうにないずさんな計画で「やってみた→すぐ終了」では困る。出来る範囲で、大幅な黒字は無理でもなんとか収支をまかなえるだけの「鉄道」として運行してほしいと強く願う。碓氷峠にはそれだけの魅力がある。通年が無理でも、季節限定でも、ともかく鉄道として存続してほしい。「まぼろし峠」じゃないが、乗車して私が子供に協調運転時代の思い出を話し、子供たちが今度は孫に「おじいちゃんは本当に鉄道が好きでね・・」なんて話をまたここで出来たら面白いじゃないか。*1いやほんと、実現したら絶対に乗りに行きたい!

と、偉そうに語ってみたが、実は私が碓氷峠越えを経験したのは一度だけ。そういえば、大井川もSLには乗ったがその先の井川線*2はまだ乗っていない。
そんな私だが、これは実現したら絶対に乗りに行くぞ!

(文面でお察しのとおり、本人このニュースを見て相当舞い上がっております。)

*1 「おじいちゃんの鉄分が濃かった話」なら、別に江ノ電に乗っても箱根登山鉄道でも東海道線でもできるのでは・・という件はこの際あえて無視(苦笑)

*2 現在日本唯一のアプト式区間がある。