«前の日記(2010-06-23(Wed)) 最新 次の日記(2010-08-16(Mon))» 編集

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|11|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(平成31年3月16日改正・18日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2010-08-14(Sat) [長年日記]

_ [Model][Rail] 鉄コレ:万葉線アイトラム/富山ライトレールTLR0602(橙)/セントラム9000形(ホワイト)

 子供たちが妻とプールに行ったので、久しぶりに太陽光の下で模型を撮影してみることにした。対象は北陸出張の際に見てきたトラムの各モデル。



万葉線アイトラム  万葉線アイトラム。(MLRV1001)。今回見たなかで一番印象に残った車両。本当は現地で買って万葉線株式会社の収益に貢献したかったのだが、生憎訪問した時刻が遅く、これは後日秋葉ヨドバシで買ったもの。
Highslide JS 万葉線アイトラム 車体の赤は素材のプラの色なので、ちょっと透けた感じがして実車の鮮やかな赤を期待するとがっかりする。単色なので自分で塗る手もないわけではないが、今度は車体の標記類で悩むことになるだろう。KATOが富山ライトレール同様「高級版」を出したとしたらきっといい色を塗ってくるだろうが、そこまでの金額を出してまでどうしても欲しい、と言うほどでもないのでこれでがまん。
Highslide JS 万葉線アイトラムちなみに、モデルはトップナンバーMLRV1001だが、実際に乗車したのはMLRV1003と1006であった。
Highslide JS TLR0602 富山ライトレールTLR0602。こちらは実際に乗車した直後に、実車を目の前にしながら富山駅のショップで購入。TLRは特定ナンバーが買えるので一層愛着が増す。
Highslide JS TLR0602
Highslide JS デ9001 富山地鉄富山市内軌道線セントラム(デ9001)。これは乗ってはいないのだが、走行中を撮影できた編成ということで。銀色のデ9002も見かけたのだが、こちらは現在何かのイベントのラッピングがされていた。購入は特急うなづき3号乗車前に富山地鉄の改札で。トミーテックのトラムシリーズはこのモデルからダミーだった車輪が回るようになった。価格が少し上がったのは残念だが、こうやってレールにのせて撮影するときはやはり車輪が回る方が楽。
Highslide JS デ9001