«前の日(08-13) 最新 次の日(08-15)» 追記

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(平成31年3月16日改正・18日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2006-08-14(Mon) この日を編集

_ [Model][Rail] Nゲージ:MODEMO 箱根登山鉄道モハ2形「青塗装」

060814 MODEMO NT50 箱根登山鉄道モハ2形 青塗装 MODEMOの箱根登山鉄道モハ2形「青塗装」を購入。あちこちで売っていたはずなのに気づくとどこも売切れ・在庫僅少になっていて、他の購入予定を後回しにして慌てて購入したのだった。こういった「売切れそうだから」と言うのは購入理由としてはあまり望ましくない。
発売直後ならば安い店を探して買うこともできたのになぜこうなるまで買わなかったのかと言うと、もちろん予算の都合と言うこともあるが実は「発売時には買う気が無かったから」。
箱根登山鉄道モハ2形ならばすでに現行塗装のNT44を購入済みだったし、同一形式のカラーバリエーションにまで手を出すと収拾がつかなくなるような気がして手控えていた。だいたい、リバイバル塗装であるモハ2の「青塗装」の実車は108号一両だけで、NT44のカラーバリエーションであるNT50「青塗装『2両』セット」は現実にはあり得ない編成の商品だということも購入をためらった大きな理由。モハ2は現行色2両があれば十分、と思っていたのだ。

ところが、この青塗装108号、箱根に行くとなぜか目につく。箱根に行くたびに目にするので気になってしょうがない。乗ったことはないのだが必ずどこかで目にしてしまう。特別塗装なので一層目立つ。そして、確実に108号だと「個体認識」してしまう。こうなってしまうともうだめだ。なんとなく愛着がわいてしまうのだ。そしてそう思って見回すと、あんなに「余っていた」はずのMODEMOの青塗装も残りわずか。
「の、残り少ないからなくなる前に買ったんだからな!」
見事な「ツンデレ」である。それまで興味がなかったのに実車に触れる機会が増えると急に愛着がわくのはどうも私の性格らしい。
かつて北海道に住んでいたときは当然地元優先だったが、そのときは今のように「北海道形」のNゲージ量産品などほとんどなかったので買うに買えなかった。いつかキハ22やキハ183が走るレイアウトを作りたい・・と思っていたのだが、今は「江ノ電」「箱根登山」が興味の中心。どうも遠距離恋愛には向かないようだ。

製品については、NT44の製品と塗装が異なるだけで相変わらずいい出来だ。ただ、今回ちょっとだけ気になったのはパンタグラフ。下枠交差形なのだがその特徴ある「下枠が交差」している部分がよく見えない。もともと交差部分が低い位置にあるうえ小さなパンタグラフ、しかも低く構えることが多いものだしこのくらいは仕方がないともいえるが、ちょっと気になってしまった。 NT44では気にならなかったところで、全く同じ部品のはずだが、明るめの塗装と関係があるのだろうか。もちろん、代わりに線の細いパンタグラフを自作するような技量はないのでこれでよしとする。それ以外は特に不満なし。
年末にはいよいよMODEMOからモハ1も出るという。現実にはない「青塗装2両編成」だが、これらと組み合わせて、また単行で、と、2両をうまく使って楽しもうと思う。もう、両方108号でもいいや。こうして、実物の箱根登山鉄道とは異なり、私の「箱庭登山鉄道」では青塗装が2両あって108号同士がすれちがうこともある、ということになったのだった。

MODEMOの箱根登山鉄道モハ2形には、メーカーの「100Rのカーブ通過可能」のお墨付きがあり、同梱の説明書にもその旨明記されている。当然トミックスのスーパーミニカーブも走れるので、箱根の風景にこだわらず単行で手軽に楽しめるミニレイアウト用の車両としてもよさそうだ。
なお、スーパーミニカーブレール(103R)を2両連結で走らせたところ、カーブ内側では車端が接触しそうなくらい車間が狭まっていた。低速で走らせることになるので集電にも気を使うことになる。メーカーが100Rを認めているとはいえ、レールクリーニングやジョイント部の確認など、線路のメンテナンスはやはりしっかりやっておいたほうがよいと思った。

2008-08-14(Thu) この日を編集

_ [踏切][Rail][Mac&PC] GoogleMaps ストリートビューで踏切標識探し

主にプライバシーの面でいろいろと懸念が表明されている*1GoogleMapsのストリートビュー機能だが、もちろん便利な使い方もたくさんある。 日本版のサービスが提供されて私が最初にやったことは、もちろん「きしゃにちゅうい」蒸気機関車の描かれた「踏切あり」標識(207-A)を確認することだった。

小田急小田原線・下北沢・東北沢6号踏切付近[maps.google.com]
2008-07-15(Tue)_ [Rail][踏切]きしゃにちゅうい:小田急 東北沢6号は電化されました
先日確認したときに「電化」されていたところだが、現時点のストリートビューではまだ汽車の標識が残っている。位置関係などを見ると、どうやら電車の標識は標識板だけの置き換えではなく柱ごと新たに立てたもののようだ。

東急目黒線・武蔵小山・旧不動前7号踏切付近[maps.google.com]
2006-07-11(Tue)_ [Rail]東急目黒線:不動前踏切の「きしゃにちゅうい」その後(不動前2・7号踏切)
立体化によって踏切がなくなった、目黒線武蔵小山付近。黒いテープでマスクされてしまった電照式の標識が確認できる。不動前踏切群は細い路地に立っているものが多かったので、車で撮影しているストリートビューの対象から外れているものも多い。

山手線・駒込・第二中里踏切付近[maps.google.com]
山手線唯一の踏切にも「汽車の標識」がある。しかも内側・外側両方にある。第二中里については昨年の夏、夏休みを利用して現地調査を行ったのだが、まだ整理できていない。早く公開したいところだがなかなか時間も取れないので、とりあえずストリートビューでお茶を濁しておこう。

東武東上線・大山付近[maps.google.com]
こちらはまだ現地調査をしていない踏切。以前ニュースでチラッと標識が映ったので、ある、ということだけはわかっていたのだが、今回ストリートビューで探してついにその場所が特定できた。

これまでも鉄道関係の事前調査などでGoogleMapを使ったことはあるが、ストリートビューを使えばよりさまざまな調査が画面上でできてしまう。電車の窓から踏切付近の標識の裏を見て、「あそこの標識、怪しいなぁ」と当たりをつけて実際に行ってみると「電車の標識」だったり、「学校、幼稚園、保育所等あり (208)」だったりしてがっくりすることも珍しくない。これを使えばある程度は事前に確認できるのでがっかり、の回数も減るだろう。但し、ストリートビュー自体が行われていない地域もまだまだ多いし、東北沢6号のようにストリートビュー撮影時には汽車だったものが後に電車に置き換えられたりすることもあるので、今後もチャンスがあれば「踏切詣で」を続けることに変わりはない。

*1 私の家の表札はネット経由で世界に見せることを前提に出しているわけではないのだが、Google(の中の人)はそう考えていないらしい。ただ、私の家は現時点ではストリートビューでは見えないところにある(苦笑)

_ [misc][Telecom] 備忘録:パスカルの蝸牛形

パスカルの蝸牛形 NTTのマークである「ダイナミックループ」(らしきもの)は、
r = αcosθ+β (r:原点からの距離)
で描くことができるのだが、私は長い間この曲線のことを「アルキメデス曲線」だと思っていた。しかしよく調べてみると件の曲線はアルキメデス曲線ではなく
パスカルの蝸牛形[ja.wikipedia.org]
だった。大学生の頃からかれこれ20年以上の思い込みがやっと今日訂正されたわけだ。

これを実際に描画させてみるとこんな感じ。
いろいろ試したところ、α:β=2:1がちょうどいいようだ。また、パスカルの蝸牛形そのままでは横倒しになるので、某社のマークのように表示するにはx,yを入れ替えたりy軸を負にしたりと言った小細工が必要。大学在学中はこのくらいチョチョイ、で、実際にTurboPascalやBasicなどでパソコン画面に描画していたのだが、悲しいかな今は三角関数でてこずる体たらく。子供たちが三角関数を習う頃にはもっと苦戦しそうだ。父親の権威が危ない(苦笑)が、MacOS付属のGrapher(旧「グラフ計算機」)があればご覧の通り、一発で表示できる。
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ 通りすがり [アルキメデス曲線と思っていたのは私だけではないのですね。しかし、大学時代の覚えでは共立出版かどこかの参考書に色んなサ..]


2010-08-14(Sat) この日を編集

_ [Model][Rail] 鉄コレ:万葉線アイトラム/富山ライトレールTLR0602(橙)/セントラム9000形(ホワイト)

 子供たちが妻とプールに行ったので、久しぶりに太陽光の下で模型を撮影してみることにした。対象は北陸出張の際に見てきたトラムの各モデル。



万葉線アイトラム  万葉線アイトラム。(MLRV1001)。今回見たなかで一番印象に残った車両。本当は現地で買って万葉線株式会社の収益に貢献したかったのだが、生憎訪問した時刻が遅く、これは後日秋葉ヨドバシで買ったもの。
Highslide JS 万葉線アイトラム 車体の赤は素材のプラの色なので、ちょっと透けた感じがして実車の鮮やかな赤を期待するとがっかりする。単色なので自分で塗る手もないわけではないが、今度は車体の標記類で悩むことになるだろう。KATOが富山ライトレール同様「高級版」を出したとしたらきっといい色を塗ってくるだろうが、そこまでの金額を出してまでどうしても欲しい、と言うほどでもないのでこれでがまん。
Highslide JS 万葉線アイトラムちなみに、モデルはトップナンバーMLRV1001だが、実際に乗車したのはMLRV1003と1006であった。
Highslide JS TLR0602 富山ライトレールTLR0602。こちらは実際に乗車した直後に、実車を目の前にしながら富山駅のショップで購入。TLRは特定ナンバーが買えるので一層愛着が増す。
Highslide JS TLR0602
Highslide JS デ9001 富山地鉄富山市内軌道線セントラム(デ9001)。これは乗ってはいないのだが、走行中を撮影できた編成ということで。銀色のデ9002も見かけたのだが、こちらは現在何かのイベントのラッピングがされていた。購入は特急うなづき3号乗車前に富山地鉄の改札で。トミーテックのトラムシリーズはこのモデルからダミーだった車輪が回るようになった。価格が少し上がったのは残念だが、こうやってレールにのせて撮影するときはやはり車輪が回る方が楽。
Highslide JS デ9001