«前の日記(2008-04-12(Sat)) 最新 次の日記(2008-04-16(Wed))» 編集

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|11|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(平成31年3月16日改正・18日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2008-04-13(Sun) [長年日記]

_ [江ノ電][Rail] 江ノ電:502Fと初顔合わせ

080413 江ノ電502F(552) 腰越駅付近
稽古ごとの関係で長男と妻を藤沢に車で送り届けた帰り、次男を乗せたままちょっと足を伸ばして江ノ電を見に行った。この日の収穫は305Fが走っていることを確認できたことと、3月末に入った新車・502Fの姿を見られたこと。しかもその両者が連結して走っていたのだから大収穫。江ノ電の現役最古参と最新車の重連である。ただ残念なことに予定外の江ノ電詣でだったため携帯のカメラしかなく、またたまたま信号待ちで止まったところでの車中からのとっさの撮影ということで「305F+502F」がわかる画像は押さえられなかった。
502Fはいかにも新車らしくパンタグラフが銀色に輝いていたのが印象深かった。パンタはすぐ汚れるので、模型雑誌などで「パンタグラフに銀色を塗る」という記事を見るたびに違和感を感じていたのだが、今日の502Fのパンタはまさに「模型用のスプレーで銀色に塗った」感じがぴったりだった。また、501Fと502Fに何らかの差異があるかどうかも気になるところではあったが、今日の初対面は短時間ということもあってそこまではわからなかった。

_ [江ノ電][Rail] 江ノ電:この日見た編成(2008/04/13 10:30頃〜11:00頃)

この日確認できた編成は下記の通り。
--------------------------------------
2008/04/13 10:30頃〜11:00頃
藤沢←→鎌倉

501F
 
22F
(広告なし)

10F
 
1001F
(500形風塗装)

2002F
(標準色・コカ・コーラ広告付き)
1002F
(500形風塗装)

1501F
(S.K.I.P.号II)
21F
(湘南ベルマーレフットサルコート広告付き)

305F
 
502F
 

1201F
(500形風塗装 江ノ電丸マークなし)
2003F
(明治製菓号2007)


※極楽寺車庫:
2001F(標準色・江ノ電高速バス金沢方面広告付き)
1101F (庫内)