«前の日記(2006-04-16(Sun)) 最新 次の日記(2006-04-21(Fri))» 編集

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(平成31年3月16日改正・18日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2006-04-20(Thu) [長年日記]

_ [Rail] 東急目黒線不動前駅:ホームドア一時撤去

東急目黒線不動前駅:ホームドア一時撤去
14日から不動前駅のホームドアが一時撤去され始めた。目黒線連続立体交差化の工事が進み、いよいよ不動前〜武蔵小山も地下にもぐるようだ。これで武蔵小山側が一部仮設のホームだった不動前駅も本来計画されていた姿になる。

まずは下り(武蔵小杉方面)武蔵小山側から撤去が始まり、残っているホームドアも開きっぱなし。そして18日からは下りホーム上から完全にホームドアがなくなった。久しぶりに見る「ホームドアのない不動前駅のホーム」だが、不思議な光景だ。同僚も、「(JR等の)ほかの駅ならこれが普通なんだけど、なんか不思議な気分だ。ドアがないとちょっと怖いね。ホームの端を歩きたくないよ。」と話していた。

この工事が終わると不動前〜武蔵小山間の踏切は全て解消される。
それは私が「きしゃにちゅうい」で取り上げたこれらの標識がついにその役目を終えるということでもある。

_ [江ノ電][Rail] 江ノ電:求人・募集のお知らせ

江ノ電の公式サイトに求人・募集のお知らせ[enoden.co.jp]が。
☆臨時売店募集
土・日・祭日空いた時間を有効に使ってみませんか
勤務内容 江ノ電グッズ等の物品販売

おおっ、私にぴったりの副業ではないか!!
・・・と一瞬思ったのだが、幸か不幸か「本業」の勤務先は副業を認めていない。それ以前に休日は子供の相手で手いっぱいでくたくただ。
時給850円だそうだが、ここで一生懸命働いても、一ヶ月分貯ったところで「その場で」給料を使ってMODEMOの江ノ電シリーズを買って自分で「まいどありぃ!」等と言っている姿が目に浮ぶ。やっぱりやめておこう(苦笑)

_ [江ノ電][Rail] 江ノ電:ラッピング中のS.K.I.P号を掲載しているblog発見

2006-04-01(Sat)2006-04-07(Fri)に取り上げた江ノ電の新ラッピング電車S.K.I.P.号だが、そのラッピング中の画像を掲載しているblogを見つけた。
VARTIGO BLOG:2006年04月04日 こちらも運行中です[vartigo-of-art.seesaa.net]
ラッピングのデザインにかかわった方のblogのようで、極楽寺車庫での作業の様子とラッピング完成直後の美しい姿が見られる。イラストは西岸良平氏とのことだったが、氏の『鎌倉ものがたり』から選ばれたイラストをベースに着色したものだそうだ。
そういわれると「鎌倉ものがたり」が読んでみたくなるというものだ。S.K.I.P.号は広告電車ではないので商品名は書いていないが西岸氏の名前は書いてある。うーん、これはある意味「『鎌倉ものがたり』の広告電車」でもあるな。

「義経号」が無くなって残念がっていた長男はS.K.I.P.号がとても気に入ったようで、4月1日の目撃以来「あの電車きれいだったね」と言っている。最近は新500形よりもこちらがお気に入りらしい。
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ しーちゃん (2006-04-23(Sun) 23:51)

「VARTIGO BLOG」の管理人です。<br>トラックバックと、S.K.I.P.号を取り上げてくださった事、ありがとうございます。とても嬉しく思っております。<br>今度はぜひ息子さんとご乗車下さい。そして、「鎌倉ものがたり」ぜひ読んでみてくださいね!