«前の日記(2006-09-18(Mon)) 最新 次の日記(2006-09-25(Mon))» 編集

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|11|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(平成31年3月16日改正・18日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2006-09-21(Thu) [長年日記]

_ [Rail] 小田急、千代田線乗り入れロマンスカー「60000形MSE」発表

新型ロマンスカー・MSEの製造を決定
2008年春 東京メトロ線内初の座席指定制特急の乗り入れを開始
[www.d-cue.com]※PDF注意

2005年5月18日に取り上げた「千代田線乗り入れロマンスカー」がいよいよ具体化してきた。
最初にこのニュースを知ったのは日経の朝刊。ほほう、デザインはずいぶんVSE似だ。「展望室・2階運転席のないVSE」といったところか。なんだかタンゴエクスプローラ[ja.wikipedia.org]を思い出すスタイルだ。分割併合の可能な通勤特急というコンセプトはEXEを継承している。日経記事には愛称がでていなかったので勝手に「VSEXE」と呼ぶことにしたが、小田急の発表によれば本当はMulti Super Expressで「MSE」とのこと。MはMultiなのか。MetroのMかと思った。
日経の記事では色がわからない。白ではなさそう。ここもEXEの流れを汲んでブロンズカラーかな、と思ったら、

青かっ!


明るい水色のようだが、「フェルメール・ブルー」というからにはウルトラマリンブルーなのだろう。これにVSE同様バーミリオンオレンジの帯が引かれるとのこと。地下駅でも明るさを感じさせる、とは言うが、これは実車を見るまではなんともいえない。車体はEXEにVSEの前頭部をつけたような感じだが、VSEでライトになっている部分に飛び出している連結器が妙に目立つ感じ。そういえばライトはどこだ?

以前書いたとおり、この新型通勤特急には「ロマンスカー」とは別の新たな呼称をつけてもいいのではないかと思っていたが、MSEも「ロマンスカー」の一員となるようだ。特急車両として決して他社に引けを取らない30000形EXEでさえ「通勤特急」コンセプトが災いしてブルーリボンを逃しているところから見て、60000形MSEも登場前から「ブルーリボンを取れなかったロマンスカー・その2」になってしまいそうな悪い予感がする。

現在のEXEの大活躍を見ていると「鉄道ファンの支持と鉄道車両としての実際の活躍は別」として割り切るべきなのかもしれないが、しかしそれでも「ロマンスカー」というブランドにはもうちょっと夢がほしいと思うのは私だけだろうか。

いずれにしろ、2007年9月の実車登場を待つこととしよう。実車を見て惚れ直すか、それとも実車を見てがっかりするか。楽しみがまたひとつ増えた。

_ [misc] シャトルに忍び寄る未確認物体?

シャトル「アトランティス」、今夕帰還へ 「安全」と判断[www.sankei.co.jp](Sankei Web)

 米航空宇宙局(NASA)は20日、正体不明の物体が機体周辺で確認されたため延期されていたスペースシャトル「アトランティス」の帰還を、米東部時間21日に実施すると発表した。


機体から耐熱タイルなどがはがれた恐れがある、ということなのだが、「正体不明の物体」等と書かれるといきなりSFチックな雰囲気。もっとも、
「最終的に正体は判明しなかった」
とのことなので、もしかすると「矮惑星に降格された冥王星人の抗議行動」かも!!?(ないない)