«前の日記(2008-05-18(Sun)) 最新 次の日記(2008-05-20(Tue))» 編集

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|11|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(平成31年3月16日改正・18日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2008-05-19(Mon) [長年日記]

_ [Model][Rail][江ノ電] MODEMO 2008カタログ

江ノ電や箱根登山鉄道の模型を多数送り出しているハセガワのMODEMO 2008カタログが届いた。カタログ自体は無料で、発送実費300円を小為替で送ると折り返し発送される。
KATO・Tomixなど大手のカタログに比べれば薄っぺらく見えるが、MODEMOラインナップにはレールシステムやストラクチャがないのでまあこんなものかと思う。また、発売予定品のコーナーもないのは少し寂しいが、今はWebで適宜発表があるので困ることはない。むしろ「カタログに何年も載っているが製品が出ない」よりずっといい。それでも、公式サイトに掲載されている最新情報の「嵐電モボ夕子号」までは掲載されている。また、古い方は既に在庫がなく入手困難なものも含めこれまで発売されたもの全てに及んでいる。そのため某所では「過去ログ」と呼ばれているが、いい得て妙である。
各製品に最小通過可能半径の記述があり、江ノ電は全てR140となっている。最近発売された1000形/1500形のバリエーションや新500形には製品付属の説明書にR140通過可である旨の記載があるが、私の経験では過去の製品(チョコ電、明治製菓号2004など)ではR140通過は困難だったのでこの辺どうかと思う。一方、説明書にR100通過可能と書かれていて私の所有する製品も実際に通過している箱根登山モハ2形はなぜかR140となっている。

MODEMO製品は人気があるものは再生産されるので、それを期待してみるのも楽しみなカタログである。江ノ電の項目に10形・20形の実車写真が掲載されているが、これもいつかは出してくれるのだろうか。