«前の日記(2008-05-20(Tue)) 最新 次の日記(2008-05-25(Sun))» 編集

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(平成31年3月16日改正・18日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2008-05-21(Wed) [長年日記]

_ [Home] ツバメ2008:雛4羽落ちる

退社時刻が近づいた頃、妻から電話が入った。ツバメの雛が巣から落ちたと言う。聞くと3羽も落ちたらしい。一羽はまだ生きている、とのことだったが巣は高いところにあるので妻には巣に戻してやることもできない。

残念だがあきらめるしかない、と伝えて電話を切った。

帰宅すると、巣の下に小さな箱がおいてあった。隣家の子供が落ちた雛を見つけて、菓子箱に草を敷いて入れてくれたそうだ。ネットで調べたところでは、落ちた雛を親鳥がこのような「巣の代わり」の場所で育てることもあるそうなのでこの判断は正しい。しかし残念なことに、箱の中の雛たちはすでに息絶えていた。産毛からやっと羽毛が生え始めた時期の、4センチほどの雛は数えてみると4羽だった。

見上げると巣の前面の一部が壊れている。そこから落ちたらしい。誰かが意図的に壊したようには見えないが、激しい兄弟げんかの結果なのか、それともカラスやすずめの仕業なのか。何らかの理由で親が雛を落として殺してしまうこともあるそうだが、親鳥は小さくなってしまった巣に一羽、まだ何かを暖めるように座り込んでいた。

先日の一羽とあわせて五羽が落ちてしまった。今年は全滅だろうか。