«前の日記(2005-12-03(Sat)) 最新 次の日記(2005-12-12(Mon))» 編集

TIP! on tDiary

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2010|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|03|04|05|06|07|08|
2014|03|05|06|07|08|09|11|12|
2015|01|03|
2016|03|
2017|02|
2018|03|
2019|03|11|

湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原 時刻表 はこちら(令和元年11月30日改正・12月2日運行開始)
「きしゃにちゅうい」-- 「汽車」の描かれた「踏切注意」の標識 --

2005-12-07(Wed) [長年日記]

_ [Liner][Rail] ライナー乗車Tips:湘南ライナーの「座る技術」

通勤電車で座る技術!」[jcom.home.ne.jp]という、着席通勤のためのノウハウを集めた有名サイトがある。(書籍も出ている)

ライナーは500円のエクストラチャージを払うことで通勤時の座席を確保できる座席定員制列車だ。東海道線の場合、通勤時間帯はグリーン券を買っても着席できるとは限らないが、ライナーならばライナー券を購入すれば確実に座れる。

_ しかし人間とはぜいたくなもので、確実に座れるとなると次は「目的地までいかに快適に過ごすか」を考え始めるものだ。そこで、「ライナー乗車Tips」と題して、湘南ライナーを使う上で気がついたポイントを記録していこうと思う。

_ [Liner][Rail] ライナー乗車Tips:「最前列通路側」は避けたい185系使用ライナー

「ドアの前の通路側」は人通りが気になったりドアの開閉ごとに隙間風や騒音が入ってきたりと落着かないのでなるべく座りたくない席ではあるが、185系特急形電車[jreast.co.jp]が使われているライナー(例:12号・14号・16号など)の場合は特に要注意だ。

_ 進行方向最前列の通路側の2席(B,C席)に座ると、「新聞をめくる」「足を組みかえる」などほんの少し動いただけでも目の前のドアが開閉してしまう。うっとうしいことこの上ない。この二席はデッキとの間の自動ドアのセンサの検知範囲に入ってしまっているのだ。そのため、不幸にしてこの席に座ってしまった場合は極力じっとしているしかない。

_ 185系登場当時はドアの開閉にマットスイッチ(足で踏むとスイッチが入る)が使われていたのでこのようなことはなかったのだが、今はドアの上についたセンサで開閉を制御しており、これが問題の原因となっている。185系は車内設備更新で座席が転換クロスシートからリクライニングシートになるなど一層快適になったが、このセンサの件だけは「改悪」だったようだ。

_ たまにドア上についている自動ドアのスイッチを切ってしまう剛の者もいるが、車掌巡回時に戻されたり事情を知らずに後から来た人がドアが開かずに困ったりしてもめる原因にもなるので、これはあまりお勧めできない。私も他に席が空いているならはこの席は極力避けるようにしている。

_ [Home] 次男に歯が生えた

昼休みに妻からテレビ電話。何事かと思って出ると、次男に歯が生えてきたのを発見したのだと言う。

次男も最近離乳食の食べっぷりがよくなってきた。長男もそうだったが、このくらいのころは両親が食事をしていると「ボクも!ボクも!」と言いたげに騒ぐことが多い。やっぱり一緒に食事がしたいのだろうか。

_ [Home] 長男の身振り

「『のりスタ!』録画してあるよ。見るかい?」

「ううん、もう見たからいいよ」

こういいながら顔の前で手を振った長男を見てちょっとびっくり。これまでは言葉によるコミュニケーションで意思を伝えるのが精いっぱい、と言う感じだったはずなのだが、いつのまにか「顔の前で手を振る」と言う動作に「否定・拒否」の意味があることを覚えて使っているではないか。妻やおばあちゃんのしぐさに似ていてどきっとした。日常見ていて覚え、まねたのだろう。

大人にとっては当り前の身振りだが、こうやって身に付けたんだなぁ、と再発見した気分だ。